Green House

自由気ままに、自己満足に。
OTHERS
RECOMMEND
カウンター
カウンター
つなビィ
手ブロ
AD
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|-||
│-|-|
本編だけじゃなく、外伝も暗かった←
本編の最終刊である紫闇の玉座上下巻より前に外伝の感想も書いておこうかなー…と。
黄粱の夢の感想を軽く。

タイトルに書いた通り、一言で言えば暗い。
いや、あらすじからして暗いのは分かりきっていたことですけどね。
燕青のおかげで2つ目の話がちょっとだけ明るくなってるくらいでしょうか(笑)

私は彩雲国の初期の明るいノリの方が好きだったので、外伝も今までのやつの方が好きかな。
いや、この外伝も知っておきたい話ではありますけども。

続きを読む >>
|小説(ラノベ)|20:45|
comments(0)|trackbacks(0)|
王都組が好きです。
雪乃 紗衣
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 500
(2010-03-31)

このブログ、というかJUGEMのレビュー機能に今更ながら気付きました(ぁ
ということで早速使ってみる。
画像が挿入されて、ちょっとはブログが華やかになるかなぁ…とか←

画像を載せた通り、彩雲国物語、蒼き迷宮の巫女まで読みました。
予想以上にショックな展開に…(^^;)

結構(かなり?)愚痴ってます、注意。
主に蒼き宮の巫女に対してですが(最近読んで、一番記憶に残っているので←)それだけでなく、黎明に琥珀はきらめく以降の本編全般に対して。
つまりアニメ化されていない部分全般に対してですね。
アニメ化してない部分を読むのを楽しみにしていたのに、まさかこんな思いになるとは…(^^;)



続きを読む >>
|小説(ラノベ)|23:57|
comments(0)|trackbacks(0)|
どうやら母性本能に目覚めたようです←
お久しぶりです。
最近月1更新が定着しつつあります←
もうちょっと更新出来るように頑張ろう…!自己満足に!!

さて本題。
最近図書館で借りてうっかりハマッてしまいました。彩雲国物語。

以前放送していたアニメを見ていたんですが、原作に追いついて途中までしか放送されなかったんですよね。
ということで、続きが気になったのもあって借りてみました。
去年完結したみたいなので新刊を待つことなく一気読み出来ますし^^
アニメを見ていたのは5、6年前のことで、内容を大分忘れていたので1巻から。

とりあえず、10巻の緑風は刃のごとくまで読み終わりました。
アニメで放送したのが12巻の白虹は天をめざすまでみたいなので、あとちょっとでアニメでやらなかった部分までたどり着きます。楽しみ♪

アニメを見ていた当時はたしか絳攸あたりが好きだった気がするんですが、今は劉輝が可愛く見えて仕方ないw
いや、もちろん絳攸も好きなんですが、それ以上に劉輝が突き抜けてしまって…v
静蘭が昔心の拠り所にしたり、楸瑛が弟にしたいくらい…とか考えるのも頷けます。
どうやら私は母性本能に目覚めたようです←
悲しいことに、もうそんな年齢になってしまったんですね…(ぇ
歳を取るのが寂しい今日この頃←

…話を戻して!
CPでいうと、やっぱり劉輝×秀麗が好きです。
このCPは、CP萌えというより、劉輝の恋を応援したい…という心境ですかね。
アニメ放送当時はこんなこと思わなかった、というかむしろあんまりくっついてほしくないと思ってた気がするんですが(ぉぃ
やっぱり母性本能??笑
いや、本当に劉輝は母性本能くすぐるキャラだと思うんです。
劉輝がちょっとボケた発言とか行動する度に可愛いとか思っている自分が居る←
秀麗もそんな感じで母性本能くすぐってゲットしてしまえー!!(ぇ
いや、でも秀麗は可愛いと思うよりあきれるか(笑)

しかし本当にこの小説に出てくるキャラは皆良いキャラしてますね。
しかもイケメンばっかりww
まあこれは少女漫画とか少女小説ではよくあるパターンですが。
後から出てくるキャラも皆それぞれ特徴があって良いですね。
脇キャラも皆魅力的ですし。
ちなみに、脇キャラではアニメ放送当時から珀明が好きですv(どうでもいい

魅力的なキャラが居ることは、私が物語を読む上での重要ポイントだったりします。
特に好き!てキャラがいなければ物語全体を純粋に楽しめますが、好きなキャラが居る方がよりハマります。
ぬら孫とかは完璧なキャラハマりですし。正直、花開院家がクローズアップされなければハマることはなかったと思う(ぁ
その点彩雲国は一番好きなのは劉輝ですが、他のキャラも味方キャラは皆好きですし、物語も面白いので、私の中でこの2つの中間をいく感じでちょうど良いです^^

静蘭も、アニメ放送当時は実はあんまり好きじゃなかったんですが(ぁ)今は普通に好きです。
当時はあの黒さがどうにも好きになれなかったんですが、今はその黒さを逆に面白く見てますww被害者は可愛そうですがww(主に財布その1その2←)
文章で詳しく表現されている分、アニメより心情が分かりやすいですしねー。
作者さん、文章が下手とか言われてるみたいですが、私はそういったことはあまり気にしませんし、内容が面白ければそれで良いと思ってます。
たしかに上手い感じはしないですが、そもそも比べるのも失礼ですが、私の方が断然文章下手ですしねwここを見れば分かる通りww

なんだかアニメももう一度見たくなってきたんですが、再放送しないかなー。
この前再放送したばかりだからするとしても大分先ですかね(^^;)
こうなれば動画サイt(ry

とりあえず、小説を外伝含め、最終巻まで楽しみたいと思います!(^0^)
|小説(ラノベ)|23:41|
comments(0)|trackbacks(0)|
今更ながらのおジャ魔女どれみ16Naive感想。
はい、書こうと思ってずっと放置だったおジャ魔女どれみ16Naive感想。
今更ながらに書きます!自己満足に!!←

そういえば前に友人とおジャ魔女どれみの話になったのですが、友人は矢田君の存在は覚えていても小竹の存在はあまり印象に残っていなかったようです(^q^)
矢田君の場合ははづきちゃんと良い感じだった、というのが印象に残っていたようで。
世間一般的な認知としてこたどれ<矢田はづなんだな、と実感しました(^^;)
pixivで検索しても断然こたどれ<矢田はづですしね。
ただ私は断然こたどれが好きです!!!

矢田はづも良いと思うんですけど、なんだろう、ハマるほどではないんですよね。
感覚的にTOAのルクティアも普通に好きだけどハマるのはアシュナタだった感じ(意味不明
まああれはアシュナタ以前にずナタリアが好きで、アシュナタにハマったって感じなんですけども。
私がノマカプにハマるのはそのパターンが多いです。
好きになるCPは多々あれど、「ハマる」ほどとなると大体そんな感じ。
まずは片方のキャラが好きになってその後そのキャラ関連のCPにハマるという…。
そう考えるとこたどれは珍しいパターン。
どれみも小竹も普通に好きですが、ナタリアやぬら孫のゆらほどに作品中このキャラが大好き!て感じではないんですよね。
純粋にCPハマりw(ぇ

しかしなんでこう、私がハマるCPはマイナーなものが多いんだ!
まあこればかりはどうしようもないので、辺境ブログで好きなCPについてひっそりと自己満足に語っておきます(´・ω・`)
ただ、こたどれに関してはYa○oo!で検索すると上位に引っかかるようで…こんな自己満足ブログが上位とか本当にすみません(^^;)

さて、続きで感想いきます!
今更ですし、こたどれ関連について思ったことだけ書こうと思います。
まあ前回もそうでしたし、あくまで自己満足なので気にしないww(ぉぃ;



続きを読む >>
|小説(ラノベ)|23:57|
comments(0)|trackbacks(0)|
本格的に。
はい、前回は挨拶、て感じでしたが、今回はちゃんとした内容を書こうと思います!
まあ、今まで通りぐだぐだ語りたいことを語るだけなのでただの自己満足ですが←

そして明日から祖父母宅に行ってしまうのでしばらく更新出来ないですが…。
携帯で更新も出来ますけど正直打つのだr(殴

更新していない間に色々語りたいことはあったのですが、今一番語りたいのは…
おジャ魔女どれみ!!(ぇ

最近おジャ魔女どれみ16がラノベで発売されたことを知って気になりまして。
ええ、なんといっても私はおジャ魔女世代☆(ぇ
16歳になったどれみ達とか気になるww

最初は買う気はなかったんですけどね。
ネットで感想とか読んだりちょっと挿絵とか立ち読みくらいでいいかなーとか。

思っていたん で す が

感想とかを見ていて個人的にすごく気になることがありまして。
まあいつもながらNL話なんですけどね。相変わらずノマカプ厨です、すみません←

で、さすがに家から近い本屋だと知り合いもバイトしてるし恥ずかしい…ということで普段あまり行かない書店で買おうと思いました。思っていたん で す が

売ってない。

なんでも即売れ店続出とか。
私がどれみ16の存在を知ったのは発売から2週間以上後なので遅かったです;;
まあラノベだからあまり入荷していなかった、てこともあるとは思いますが。
みんなやっぱり気になるのねwwまあ私もその1人なんですがwww←

ということでつい最近アニメ●トで購入してきました←
あそこならあんまり恥ずかしくないんだぜwww

よくよく見てみるともう第2刷になってる…!
私が買ったのは発行されてすぐみたいで。
買えてよかった♪

続きで感想、ていうかNL話。
完全にNLに偏ってますがその点についてのネタバレ有なので注意です。



続きを読む >>
|小説(ラノベ)|22:26|
comments(0)|trackbacks(0)|
  | 1/1PAGES |