Green House

自由気ままに、自己満足に。
OTHERS
RECOMMEND
カウンター
カウンター
つなビィ
手ブロ
AD
<< レディースデーって良いよね! | main | 本編だけじゃなく、外伝も暗かった← >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|-||
│-|-|
王都組が好きです。
雪乃 紗衣
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 500
(2010-03-31)

このブログ、というかJUGEMのレビュー機能に今更ながら気付きました(ぁ
ということで早速使ってみる。
画像が挿入されて、ちょっとはブログが華やかになるかなぁ…とか←

画像を載せた通り、彩雲国物語、蒼き迷宮の巫女まで読みました。
予想以上にショックな展開に…(^^;)

結構(かなり?)愚痴ってます、注意。
主に蒼き宮の巫女に対してですが(最近読んで、一番記憶に残っているので←)それだけでなく、黎明に琥珀はきらめく以降の本編全般に対して。
つまりアニメ化されていない部分全般に対してですね。
アニメ化してない部分を読むのを楽しみにしていたのに、まさかこんな思いになるとは…(^^;)



某掲示板で新キャラ上げのために初期キャラを下げてる…というような書き込みを見たのですが、まさにその通りだった件←
王都組はじめ初期キャラ>新キャラな私としては残念でならない。

新キャラの有能さをアピールするにしてももっと別の書き方があるんではないかと…。
例えば蒼き迷宮の巫女のP72で
だが、旺季の言う通りだ。替えがきかない数少ない大官の二人だ。いなくなっても今のところ可哀相なくらい別段何の支障もない紅黎深・李絳攸・藍楸瑛とは話が違う。
とあったんですが…あの、後半部分必要ですか…??
そういう部分がちらほらあって、そこまでして初期キャラを無能にしたいですか、そうですか、と思ってしまった←

私は彩雲国の地の文が好きでした。
ちょっと文章力不足なところはあるかもしれないけど、心情を上手く伝えてあったり笑いを誘ったり。
だからこそ私がアニメを見ていた時は普通に面白かったけどハマるほどではなかったものが、今小説を読むとハマった一因でもあると思うんです。
それが今は上記のように新キャラ上げ、初期キャラ下げに使われている部分が結構あって残念。
笑いを誘おうとしている部分もありますが、今はなんだか場違いな気がしてしまう…←

最後は大団円なことを知っているので、最近は「早く状況よくなれよくなれよくなれ…」という思いで読み進めてます←
最初は普通に先が気になってどんどん読み進めていたんですけどね(^^;)

ちなみに王都組で初期と一番印象が変わったのは楸瑛。
劉輝は元々ボケてたり頼りない感じもあったので、今の展開はショックではあっても印象としてはそんなに変わってません。(変わらず一番好きです!←)
絳攸は最初から方向音痴という弱点があったし、「黎深さえいなければ…」という書き方をされているので、それほど下げられているわけではない気がします。

それに対して楸瑛は絳攸の方向音痴をからかったり、割と余裕があるキャラだった気がするんですよ。
(龍蓮が弟だったり、静蘭にお財布扱いされたり散々な部分はあったけど←)
それが今ではただの甘ちゃん坊ちゃんw
いや、これも下げられてそうなったわけではないですけども。
私は今の坊ちゃん楸瑛の方が好きですし(笑)
劉輝に本気で仕えてくれてるし★←
珠翠を振り向かせられるとイイネ!

こう考えてみると、キャラの性格云々が変わったというより、書き方の問題なんですよね。
やっぱり地の文をどうにかしてほしかった…。
最初はあんなに有能さがアピールされていたのに一気に無能に書かれるようになったからね;;
初期も色々批判があったみたいですが、別に物語なんだしあのままで良かったと思うんだけどなー…。

あとは王都組が揃って甘ちゃんに書かれるようになってしまったのに対して秀麗だけは有能さは必要以上にアピールされている気が…。
そりゃあ主人公だから仕方ないですよ。
でもね、さすがにや り す ぎ 。
王都組は散々な言われようなのに、秀麗だけは色々な人に認められてる…ていうのがなんだかなぁ…。
私は秀麗のことは嫌いじゃないし、むしろ好きなタイプのヒロインなんですが、さすがにこの書かれ方はちょっと…と思う。
でも秀麗は誰がなんといおうと劉輝の味方なのでそこは嬉しいんですけどね。
はい、私はあくまで私は劉輝至上主義★←
よって劉輝好きの私の中で、景侍郎の株がぐーんとUP!
悠舜と景侍郎ってなんとなく私の中でイメージが被ってたんですよ。
でも実際全然違ったねww
まあ私は結末を知っているので安心して見ていられますが、小説をリアルで追いかけていたらハラハラして悠舜のことを見てただろうなー…。
まさかこんな重要なキャラになろうとは…!
茶州編の脇キャラだと思ってた。
私、アニメで見ていたはずなのに、小説で出てくるまで悠舜の存在忘れていたからね←
まさかこんな(以下略)

ただ、十三姫が劉輝のことを好きになりかけてる、ていうのは劉輝好きの私としても必要だったのかなー?と疑問。
今まで劉輝を恋愛対象として好きになるキャラがいなかったので、その点で劉輝のことを意識する女性が出てきた、というのはちょっと嬉しいですが(ぁ)十三姫が不憫だよ;
当て馬にされた、てほどではないかもしれないけど残念です;;十三姫も好きなので。
願わくば、本編終了後に迅あたりと幸せになりますように…!

まあとにかく、どんどん劉輝に味方が居なくなっていて、読んでいていたたまれないです。
早く形勢逆転してくれ…!

まとまりのないレビュー(主に愚痴)失礼しましたm(_ _)m
|小説(ラノベ)|23:57|
comments(0)|trackbacks(0)|
スポンサーサイト
|-|23:57|
│-|-|
COMMENT
COMMENT FORM









TRACKBACK URL
http://midorinoie.jugem.jp/trackback/236
TRACKBACK