Green House

自由気ままに、自己満足に。
OTHERS
RECOMMEND
カウンター
カウンター
つなビィ
手ブロ
AD
<< 王都組が好きです。 | main | SLAM DUNK >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|-||
│-|-|
本編だけじゃなく、外伝も暗かった←
本編の最終刊である紫闇の玉座上下巻より前に外伝の感想も書いておこうかなー…と。
黄粱の夢の感想を軽く。

タイトルに書いた通り、一言で言えば暗い。
いや、あらすじからして暗いのは分かりきっていたことですけどね。
燕青のおかげで2つ目の話がちょっとだけ明るくなってるくらいでしょうか(笑)

私は彩雲国の初期の明るいノリの方が好きだったので、外伝も今までのやつの方が好きかな。
いや、この外伝も知っておきたい話ではありますけども。

鈴蘭の咲く頃に

とにかく子供時代に劉輝が可愛かった!!(≧∀≦)
清苑公子(静蘭)の母親の鈴蘭の君にも愛らしいと思われてますからね!
いや、本当にこんな子が居たらメロメロになっちゃいますよね!(ぇ

楸瑛は昔から坊ちゃんだった(笑)
初期のあの余裕な感じは本当になんだったんだろうww幻だったのかなwww
そしてこの頃はまだそれほど強くはなかったんですね。
今は静蘭より強いだろうから、猛特訓の成果ですね。
良かったね、楸瑛!w←

そして、鈴蘭の君が王殺しの犯人だったって…(゚ロ゚;)エェッ!?
まさか清苑公子よりやり手だったとは…。
女って怖い(ぇ
ちなみに私も一応女です(どうでもいい

清苑公子、「お前はもう少し馬鹿か賢く生まれるべきだったな」とか言われてますが、今の本編を見ているとその言葉の意味がよく分かる(^^;)
育った環境的に仕方ないとはいえ、基本的に自分以外信用しないという…。
味方を増やすためにすごく打算的になっていますが、たとえ味方を増やしてもその味方を信頼しているわけではない感じですね。
王にふさわしいと思われていた清苑公子だけど、蓋を開けてみたら全然そうじゃなかったと。
本当に王宮で劉輝という存在がなかったらすごく悲惨な状況だったんだろうな、清苑公子…。
もし清苑公子が王になっていたら、劉輝とは正反対な王になっていた感じですね。

そして彼の本当の奈落がはじまる。
ひきがこれ。
次の話につながる感じで、次の短編につながって、良い感じになってますね。


空の青、風の呼ぶ声

本編で瞑祥は燕青のことは嫌いでも静蘭のことは可愛がっている感じでしたが、なるほど、こういうことだったのか、と。
燕青と静蘭は一緒に殺人賊に入らされたのかと勝手に思ったんですが、違ったんですね。

燕青のお兄さんとの話は良かった。
いつか最後に書かれているように、燕青がお兄さんと再開出来る日が来ればいいなぁ…。


千一夜

薔薇姫が思ったより可愛かったw(ぇ
自分じゃ邵可の子供を作ってあげられないし、帰らなくちゃなのに帰れない、悩んでお膝抱えて座ってるとか可愛すぎるww
秀麗産めて良かったね!
秀麗を生かすために薔薇姫が眠りについちゃったのは悲しいけど…。
本人が望んでしたことだしね!!

珠翠はこういう経緯で縹家から抜けてきたんですね。
この頃はまだ(年齢の関係もあるかもしれないけど)邵可のことが恋愛対象として好き、という感じではなさそうですね。
いつから恋愛対象として好きになったのかちょっと気になる←
でも今の珠翠の気持ちはちょっとやそっとじゃ揺るがなそうだし、頑張れ楸瑛!!w←



鈴蘭の咲く頃にの感想が一番長い…。
それに対して空の青、風の呼ぶ声の短さwww←
読んだのがちょっと前なこともあって、感想がそれほど思い浮かばなかったんですよね。
だったら書くな、という話なんですが、鈴蘭の咲く頃にの子劉輝が可愛かったのでその点を書きたかったゆえの感想←
そのため、こういう風になってしまうのは必然というかなんというか…(ぁ
相変わらず劉輝至上主義な奴ですみません←




|小説(ラノベ)|20:45|
comments(0)|trackbacks(0)|
スポンサーサイト
|-|20:45|
│-|-|
COMMENT
COMMENT FORM









TRACKBACK URL
http://midorinoie.jugem.jp/trackback/238
TRACKBACK